墓地の種類とメリットでメリットについて

寺院墓地

寺院が運営・管理する檀家のための墓地(霊園)。宗教・宗派は寺院の教えに従い、基本的には寺院の檀家になることが前提となります。
メリット ・概ね寺院の敷地内・近隣にあるため参拝が楽。
・管理者である寺院と密接な関係が築けるため、手厚く故人弔うことができ、
 様々な相談にものってもらいやすい。
デメリット ・特定の宗教・宗派で檀家になることが前提となる。
・区画や設計などの自由度が低い。
・管理費以外に寄付、お布施などの支払が発生する。
・石材店が指定されるケースが多い。

公営霊園(墓地)

都道府県や区市町村などの自治体が運営・管理している霊園(墓地)。永代使用料や管理費が安価で、経営や管理体制が安定しており、永続性が保証されているため人気があります。ただし、一定の募集期間を定め、その期間内に希望者は応募し、抽選で利用者を決めるケースが多いため、入手しにくいことが多いのが実態です。
メリット ・経営・管理体制が安定している。
・永代使用料や管理費が割安。
・宗教・宗派などが問われない。
・石材店は自由に選択できる。
デメリット ・募集数、募集時期が限られている。
・人気が高く抽選となり入手できないケースが多い。
・大半がその自治体に本籍や現住所があるなどの申込条件がある。

民営霊園(墓地)

事業主体の宗教法人、公益法人などから運営委託を受けた民間企業により運営・管理されている霊園(墓地)。母体の経営が宗教法人であっても、大半が宗教・宗派問わず販売しています。
メリット ・申込時の条件が少ない。
・宗教・宗派などが問われない。
・区画の広さや墓石デザインなどの自由度が高い。
・生前購入が可能。
デメリット ・石材店が指定される場合が多い。
・法要などのお寺が指定される場合がある。
・公営霊園と比較すると管理費や永代使用料が割高なケースが多い。

近年増えているお墓のスタイル

永代供養墓

「遠方でお墓参りが難しい」、「後継ぎがおらず。お墓参りをする人がいない」等の場合に、お寺や霊園が永代にわたって責任を持って供養・管理をしてくれるお墓。一般的には他の人の遺骨と一緒に納骨されることから、合祀墓、合同墓、共同墓、集合墓などとも呼ばれています。

納骨堂

都市部など墓地不足の解消策として生まれた方法。ひとつの建物の中に、多くの方の遺骨を集めて供養します。法律では、遺骨を土中に納める以外の方法で収蔵するのが納骨堂と定められています。現在は公営、民営、寺院それぞれが運営する納骨堂があり、納骨スペースによってロッカー式、仏壇式などに分けられます。納骨堂の場合は、使用料・管理費のみのため比較的安価に利用できるメリットがあります。ただし、収蔵期間が定められている施設も多くあるため、選択の際には注意が必要です。

樹木葬

法律上許可を得た霊園(墓地)などに遺骨を埋葬し、遺骨周辺に墓石の代わりに樹木を植え、墓標として個人を弔う方法。宗教・宗派に縛られず、低費用で済むことから近年注目されている埋葬方法です。基本的には永代供養で弔ってくれる場合が多く、年間の管理費が不要な場合もあります。

<永代使用料と管理費>
  • 永代使用料:お墓を建てる土地を使用する権利に対して支払う費用。つまりはお墓の使用権を得るために寺院や霊園管理者などの所有者に対して支払うお金になります。
    あくまでも土地の使用権を得ただけであり、その土地を購入したことにはなりません。
  • 管理費:墓地の維持・管理に必要な費用。墓地や霊園管理者に支払います。立地、広さなどによっても変わりますが、年間数千円~1万円代が多い。